カードローンでお金を借りる

カードローンでお金を借りる時に失敗しない考え方

カードローンでお金を借りるなら知っておいてほしい点

カードローンは現金調達手段として一般的になっていて、カードがあればすぐに借り入れが出来ます。
無担保無保証で、利用目的は自由になっているので事業資金以外はなんにでも利用することが出来るのです。
しかし簡単にお金を借りることができることによって、自己の返済能力を超えた金額を借りてしまうと
大変なことになってしまいます。
カードローンの賢い利用法は、自己の返済能力を知ることです。
その一つの目安が、総量規制の年収の3分の1と言う縛りがあり、この基準が一つの目安になります。
しかし注意しなくてはならない点は、お金を借りる金額が返済できる金額では無いということです。
同じ3分の1でも、家計によってかなりの違いがあり、借入する前に返済シミュレーションをすることも
効果的です。そしてカードローンは金利の安いカードを選んで作ってみましょう。

 

一般的に、金利に関しては銀行カードが一番安く、消費者金融や信販は同じくらいです。

 

銀行カードをまず、作ることにしてはいかがでしょうか。
そのためにはやってはいけないことを挙げると、同時に複数のカードは基本的に申し込まないほうが良いでしょう。

 

申込に関しても各金融機関は信用情報機関によって、知ることが出来るので、同時に複数を申込すると、
お金に困っていると判断されることがあります。そしてもう一つ、属性にうそは書かないでください。
それによって否決されることもあるからです。
カードは余裕を持って作ることが、金利の安いカードを手に入れる一番の近道です。

 

急いでいるとき便利なカードローン

お金はなるべく借りないで済むようにと日ごろから気をつけていたのですが、一時期どうしてもお金が必要という
ことがありました。その当時は自宅の屋根が傷んでおり、さらに下水道の工事を申し込んでいて、すでにかなりの
出費となっていたのですが、それからすぐに家族が入院してしまい、さらに出費が重なることとなってしまい、これは
予想していなかったのでなんとかお金を借りて新たに資金を用意する必要が出てきたのです。

 

工事の方はすでに手配済みですので、キャンセルすることもできませんし、家族が入院したことで、経営していたお店も
休むこととなり、収入も一時期絶たれることとなりました。
最初の頃は貯金などを崩しながら対応していたのですが、それでもかなり厳しい時期があり、そのときはかなり困ったものです。
借入額はそれほど多くなくて良かったのですが、支払いの期日のあることで、急いでお金を用意する必要がありました。
そこで、利用したのがカードローンです。
こうした借入は抵抗があり、今まで利用したことがなかったのですが、急いでいましたし、銀行に手続に行く時間も
取りづらかったので、始めて利用してお金を借りることとなりました。
カードローンの便利なところは、自宅のインターネットから申込ができたことにまずあげられます。

 

そして来店しなくて良いのも便利でしたが、来店の手続きがなかったので、借金をしている心の負担もかなり
軽減できたものです。指定の口座に振り込んでもらえたので、すぐに利用が可能となりましたし、病院近くの
ATMから出し入れができたのもとても便利でした。
家族が退院したことで、短期間に返済は行えましたが、一時期とはいえ、かなり困っていましたので、とても助かったものです。

ホーム RSS購読